先輩社員インタビュー

管理薬剤師・薬剤師教育担当(正社員)
水野 光一さん 東京薬科大学

「ひばり薬局に来て良かった」と思って貰えるように、日々の仕事に取り組んでいます。
そのために、当たり前の事を常に意識して、仕事をしています。
患者さんや薬局に来てくれる方への挨拶、困っている患者さんへの声掛けをしたり、お薬の内容次第では用意するまでにお時間をいただいたり、すぐにご用意ができない場合もある為、患者さんと相談して、最善の選択をしてもらえるように心がけています。
お薬を渡す際には、こちらの言いたいことを言うだけではなく、患者さんが何を求めているのかを判断して、適切なアドバイスが出来るようにしています。


患者様の治療に貢献できるから薬剤師を選びました。
薬局の業務では、投薬後、お薬相談後に、患者さんから「ありがとう」のお言葉をいただいた時や、医師への疑義照会、処方の提案を行い患者さんの治療に少しでも貢献出来た時にやりがいを感じています。
また、採用の分野にも携わらせてもらっており、薬局業務と並行して行うのは大変ですが、新しい発見もたくさんでき、とてもやりがいを感じ、仕事に対するモチベーション向上にもつながっています。


ひばり薬局は「自分の色」を出せる薬局です。
現場の社員と本部の距離が近いため、意見も交換しやすい環境が出来ています。
その為、会社の歯車の一つになるだけではなく、やる気があれば、その分チャンスを与えてくれる会社です。
私たちは、自分達の色を出しつつ、患者さんのためにどうすれば、より良い薬局になれるかを考えて仕事をしています。